トヨタのアクアが気になるけど

最近トヨタのアクアが気になっています。小型ハイブリット車の代表ですよね。フィットという競争してるのかな?自分はこちらのほうがやや好み。あの燃費がすごいですよね。
勿論カタログにかいてあるような37.0km/Lはかなり整った条件下でのこととわかっていますよ。けれどもお得だ?とアクアユーザーの知人に聞いたら「何とかなぁ・・・」というつれない返事。
ガソリン代きになるほどの距離のってないんですね。大変のところハイブリットどうなのかな。よく聞くのは短距離走行のみの人は悔しい、について。
毎日の通勤地獄&週末ドライブだと平均点ラインかしら。それでも通勤だと渋滞だから滅多にガソリン走行ですよね?どの辺の人を想定したのかな?軽自動車に移行するには抵抗残る人向けか。滅多にほんのり知人の車を運転させてもらったんですけどエンジンかけた時誠に静かですね。いままで深夜の仕事があったときまで、ご近所様を気にしながら出かけていたんですけどそのストレスはなくなりますね。
現に買うとなるとハイブリット用のバッテリーって高そうだけどどうなんだろう。点検費用とかトータルで考えると地球に手厚くお財布にきびしいハイブリットなのかな。購入資金はおもったより必要ですよね。ハイブリット車が浸透しない一番の理由はそれだ?次の車はいかんせん、ちょっと先だけどどうしても済む車にであえない。ミニバン 比較

ファミリーカーは軽自動車

我が家のファミリーカーは正に…N BOXだ。よし、軽自動車だ。購入したのは2013年11月、今まで乗っていた旦那の10年物の車の調子がわるなったので増税&駆け込み購入が多く達する前に買いました。何故N BOXを選んだのかと言うと我が家にベビーが生じるからでした。N BOXはほんっとーに少ない子どもがいる主婦には手厚い車だ。どういうところがきめ細かいかご紹介するという…
・両側スライドドア(純正は片側だ。我が家はオプションで両側にしました)
子どもが幼いうちは配慮がわからないのでスライドドアでなければ他の車を傷つけてしまう見込みがあったので。
・スマートキー搭載
今はほとんどの車が主流だとは思いますが^^;赤ちゃんを抱っこしていると鍵を取りだすのさえめんどうなので指一本で開けられるのはとっても便利です。
・後部座席のスペース、高さが充実
N BOXの一番の売りですね。チャイルドシートからの乗せ降ろしが意外と楽です。しかもチャイルドシートと前の座席との隙間にベビーカーも余裕で置けます。
・燃費良し
ECONモードで約25㎞/L走ります。月に2.3回ぐらい、片道3時間程の距離を運転するのでお財布にも暖かいだ。

正直軽自動車としては予算をはるかに超えてしまいましたが税金面を考えても満足な内容だ。まだ3人家族なので我が家のファミリーカーはN BOXで十分なのです♪軽自動車 ランキング

新車トラブル

夕方気持ちいいから子供たちが遊んでるわけなんですが、それは特別いいんですよ~。
わが子は小学生だし、保育園児を相手にすることは消え去り完全無視をするようになったんです。
無視というより、男といった女ってみてしまうから気まずいとか出てきてそれはそれで仕方ないんですが・・・。
ウチも自分から話しかける感じではなく、むしろ、話し掛けられて話す程度、ましてや自分に小さい子がいるわけではないので、話の内容もやはり違うから、どうしても、話さない感じできてます。
ただ・・ボスママが外に生まれるって、不愉快雰囲気がプンプン講じるんです。
びっちり車に乗ろうとしたとき遠くにボスママというほかのママお互いがいて、その1人は子供に関してて
その1人はボスママにマークされてて・・その時、ボスママがうちのほうをじーっと見つめ、睨む感じで遠くからもその雰囲気が判るほど異様な空気でした。
でも、その前を車で通らないといけないのですが・・心臓が破裂するかと思ったほど、不愉快というか嫌でした。
ボスママが我が家に来るのが嫌で・・そのボスママがくるとウチは庭に塩をまいてたんです。
それを繰り返してるうちに来なくなったのですが・・・。そうしたら、我が家は新車にかえ、そうしたらまわりの家も新車に変更し、ボスママ宅だけが、新車ではなくなったのですが・・。
それはただ偶然だと思うけど、ボスママは「人だけ車が違う」と思ったのか知らないけど新車に変更してました。
ボスママはこの人だとわかってもいてもウチが睨まれる理由が見つからない、ただ、軽々しく無視はしてましたよ、それが、次第に、完全無視になったのは事実です。
だいたい、今頃、ボスママはほかのママに「あそこの家は、暇なのに新車として・・」「付き合わないほうが・・」とか弱いことまで言いふらしてる気がする。
いやぁ~今日のあのボスママの視線は半端ないくらいの態度でした。威張った感じで、ここは私の城よみたいな・そんな雰囲気でした。それに従うほかのママ・・。
これはグングンダメだなと思いました。セダン

子供がいるかどうかでのぼりたい車変わります

私は独身時代はやっぱりかわいい車がすごく好きでした。メーカーでいうと、日産車が大好きでモコとか、マーチとか更に考えただけでテンションあがっちゃうぐらい好きです。
実際、マーチを購入し、内装もかなり可愛らしくしました。お金もいかに使ったのやら、今となっては分かりません。結婚して、子供が生まれてから思ったのが、(あれ?なんか子供がいるという、こういう車使いづらいぞ)ってことです。ちょっと抱っこしないとチャイルドシートに乗せれないし、中腰で腕を伸ばして乗せないといけないから、もう絶えず腕がぷるぷるしちゃいます。もちろん消えるときも大変で、取り敢えず子供をベビーベッドに寝かせてからじゃないと、ついでに他の荷物を入れるなんて何ともできません。それにじりじり車が汚れてきたというか、子供が大きくなるによってシートが黒ずんで来たりして、二度と喚きたいような感じでした。幸いなことに(!?)車を購入して10年経過したので、取りかえることになりました。今度は軽自動車だけど、装備はちゃんとしたやつで!!って決めていて、タントにしました。色もかわいいのたくさんあるし、スライドドアだし、天井までおっきいし、言うことありません。今じゃ、子供が寝ちゃったときも中腰にならずに運べるので、荷物といった子供両方一緒におうちに入れて心から便利です。 コンパクトカー 人気

重厚感漂うスポーツカー~トヨタ・スープラ

現在、トヨタスープラは新車では販売されていなく、街もいまひとつみかけなくなっています。スープラは大きくわけてA70型ってA80型があり、とも個性的デザインで好きなのですが、私はA70型のワイドボディが特に好きで現に所有していた時期もあります。私が所有していたのは2.0Lのエアロトップ、AT車だ、スポーツカーに分類されるスープラなら3.0L、MT車が一般的には好まれますが新車販売されていた時期には手が出せず、ようやく購入できる頃には中古しか選択できなくなり、望ましいときのものは少なかった為、やっぱり排気量から見た目重視で選んだのです。根っからスープラに乗っても次々と走り回る気はなく、悠然と走りたかったので2.0LのAT車で十分でありました。ただし、見た目で選んだこういうスープラは2.0Lですけど、本当はツインターボであり、ターボが効くといったこういうつらいボディがひょいひょい、そして荒々しく加速します、やっぱスポーツカーのセンターは凄いと感じる瞬間であり、3.0Lタイプになるとグングン刺激的加速するものという想像できる。ただ、個人的にはエアロトップは必要なかった、現在の車の様に自動開閉でなく面倒で、雨漏れの原因にもなるからです。総合すると、スープラは所有する人を選び、所有するというウキウキ気分として得る車です。SUV